アトラス

水産増養殖システム4

アトラス

養殖の第一線の研究者の持つ貴重な養殖過程と技術やノウハウの写真を、養殖対象46種を中心にまとめた。説明には英語も併記。

著者 熊井 英水
隆島 史夫
森 勝義
ジャンル 水産学 > 増養殖
出版年月日 2007/03/20
ISBN 9784769910596
判型・ページ数 A5・82ページ
定価 本体7,000円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ・感想

「百聞は一見に如かず」.カラー写真でみる水産増養殖技術 46種 総結集. 好評の前版3冊(海水魚,淡水魚,貝類・甲殻類・藻類) の文章編をより深く理解するため,養殖過程および技術やノウハウの貴重な写真を養殖対象46種まとめた.説明には英語も併記し読者の便宜を図った.養殖について学ぶ学生から研究者まで必携の一冊.


はじめに

 「百聞は一見にし如かず」とよくいわれる.われわれは,先に「水産増養殖システム」と題して(1)海水魚(熊井英水編),(2)淡水魚(隆島史夫・村井 衛編),(3)貝類・甲殻類・ウニ類・藻類(森 勝義編)の3部作を上梓したが,それらに載せた図版はすべてモノクロームであった.ポリクロームであればより理解が深まると思われたものが少なくなかったが,学生をも対象としたため,領価の点からモノクロで示すことにした.

 このたび,恒星社厚生閣の「清水の舞台から飛び降りた?」ような思い切った英断により,前版に採用した図版を厳選し,かつ新たなものも加え,しかも水産増養殖技術の実際を別冊ビジュアル版の形で,カラーで世に示すことを意図した.水産増養殖の技術は,現場を体験して初めて理解できるもので,それはあたかも園芸と同様,庭であれ鉢であれ1サイクルの“面倒”を経験して知ることができるのと同じであろう.その意味で,「百聞は一見に・・・」と冒頭に書いたのは,水産増養殖の分野においても実体験の有用性を主張したかったからである.しかし,そうはいっても実際に体験する機会を得ることは大方の読者にとってむしろ希有ではなかろうか.そこで,できるだけ臨場感を味わいながら技術を知って頂きたいと願って,カラー版で水産増養殖の実態を示すことにした.本書が,先の文章編をより深く理解するための補完となることを強く願う.

<海水魚>
1 ブリ・ブリヒラ
2 カンパチ
3 マダイ・マチダイ
4 ヒラメ
5 トラフグ
6 マアジ
7 シマアジ
8 クロマグロ
9 イシダイ
10 クエ
11 マハタ
12 オニオコゼ
13 タイリクスズキ 
14 チュウゴクイサキ
15 カサゴ
16 マツカワ
17 マサバ
18 スギ

<淡水魚>
19 イワナ
20 サケ
21 コレゴヌス
22 ニジマス
23 アマゴ
24 ヤマメ
25 ヒメマス
26 アユ
27 コイ
28 カワチブナ
29 キンギョ
30 タナゴ類
31 ホンモロコ
32 ソウギョ・レンギョ
33 ブラックバス
34 ウナギ
35 ペヘレイ ス
36 サワガニ
37 モズクガニ
38 テナガエビ

<貝類・甲殻類・藻類>
39 ノリ
40 ヒトエグサ
41 ホタテガイ
42 マガキ
43 アサリ
44 クルマエビ
45 アカガイ
46 イワガキ

ご注文

7,000円+税

書店で購入

カートに入れる

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

同じジャンルの商品

おすすめ書籍

お知らせ

一覧