地球の魚地図

多様な生活と適応戦略

地球の魚地図

地球全域にわたる魚の多様な生活様式を紹介

著者 岩井 保
ジャンル 海洋生物学 > 生理・生態
出版年月日 2012/03/09
ISBN 9784769912651
判型・ページ数 A5・176ページ
定価 本体2,600円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ・感想

魚の棲息場所は水さえあれば地球の隅々まで広がる。もちろん水温,塩分,光,水圧,酸素など環境は一様でなく,魚はそれぞれの環境に適応し生活しなければならない。魚の体には,合理的に設計された構造と超能力ともいえる機能が秘められている。そこで,いくつかの対照的な環境を軸に魚の多様な生活様式の一端を紹介する。


はじめに

 四面を海に囲まれる日本は種々の海の幸に恵まれるばかりでなく,量は少ないが河川湖沼の幸にも恵まれ,人々は遠い昔から多くの魚の持ち味を生かした料理を生み出してきた.また,海辺の市町村でも,山村でも,人々はその地方の魚を有効に利用する工夫を凝らして加工し,多くの地域を代表する特産品が生まれている.このように魚は古くから私たちの食生活を潤す身近の動物であったが,改めて「魚の特徴は?」と問われると,漠然とその全体像を思い浮かべることはできるが,一口で明快に答えることは難しい.それほど魚は多種多様の種類に分化しているのである.
 魚の棲息場所は水があるところなら地球の隅々まで広がっている.水平的には東西では太平洋,大西洋,インド洋,南北では北極海,南極海はもちろん,さらに各大陸,島々の淡水域まで広がる.鉛直的には海抜5,000m以上のチベット,ヒマラヤ山系の川から,プエルトリコ海溝の水深8,000mを超える超深海底まで魚の棲息が確認されている.もちろん水域によって水温,塩分,光,水圧,溶存酸素量などのような環境要因は一様でないので,魚はそれぞれの環境に適応して生活しなければならない.したがって個々の魚種の生活様式にはそれぞれ特色があり,なかには極限に近い厳しい環境でも,信じられないような適応をして生存する魚がいる.北アメリカの灼熱の砂漠で43.5℃の水中に生存できるカダヤシの仲間,メキシコの洞窟内に棲息する盲目のカラシンの仲間,南極海のノトテニアの仲間とか北極海のタラの仲間などのように,体内で不凍性物質を産生して氷点下の海水中でも凍死することなく生活する魚などはその一部の例に過ぎない.
 私たちの目が届かない水中のさまざまな環境に適応して生活する魚たちの体には,合理的に設計された構造と,超能力ともいえる機能が秘められている.この本では,いくつかの対照的な環境を軸にして魚の多様な生活様式の一端を紹介する.

第1章 魚の世界
第2章 海の表層
第3章 海の底層と深海
第4章 暖かい海と冷たい海
第5章 淡水域
【ノート】
1.魚の形態概説と海洋の鉛直区分/2.魚の食性と顎と歯/3.魚の呼吸・循環系/4.魚の視覚/5.魚の脳/6.胃,腸,幽門垂/7.鰓耙,咽頭顎/8.魚の聴覚,鰾,側線系/9.肝臓,胆嚢,膵臓/10.魚の嗅覚と味覚/11.音を発する魚/12.紫外線が見える魚/13.魚の電気感覚

ご注文

2,600円+税

書店で購入

カートに入れる

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連書籍

同じジャンルの商品

おすすめ書籍

お知らせ

一覧