和算の誕生

和算の誕生

初期和算への西洋文明の影響について探査

著者 平山 諦
ジャンル 科学一般 > 数学
出版年月日 1993/05/13
ISBN 9784769907527
判型・ページ数 A5・212ページ
定価 本体3,800円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ・感想

和算研究の碩学平山博士が,初期和算への西洋文明の影響について,現存の事跡を探査し,時代考証と著者の鋭い推理により実像に迫る。和算の始まり・宣教師スピノラ・京都天主堂のアカデミア・吉田光由・ロドリゲスの日本文典・算法統宗の渡来・ほつ,弗,拂 etc。


はじめに

 家康が江戸に幕府を開いた頃、イタリアから宣教師スピノラが来日した。彼は慶長9年から同16年まで7年間も京都の天主堂で布教の傍ら数学を教えた。これがわが国数学の誕生のきっかけの一つであると思って研究した。このことは6,7年前、宮崎賢太郎の著書と論文によって初めて判明した。

 私はこれを柱として研究した数篇の論文中、ことの全部を伝えるに足るものを第1編に収め、第2編には数学の知識、詳しい説明を必要とするものを収めた。これが私の研究の全部である。繁雑過ぎる感もあるが、初めての試みであるから、将来の研究に役立つものと思う。

 長年和算史を研究してきた者が近年のキリシタン史に触れ、本書で記したような歴史的仮設をもつにいたった。ともかく今後の詳細な研究の呼び水になれば、それで満足である。

 第3編には、関孝和について述べた。孝和は6歳の頃、江戸で父母を失ってから、25歳の頃、甲府藩に仕えるまでの間の消息は全く不明である。従って孝和の学問の成立や天才がどうして発揮されたか、説明出来なかった。

 所が10年ばかり前に鈴木武雄の著書によって、孝和は駿河国の豪商松木家と知り合いであることを知った。これを手懸りとして、孝和の学問の成長はかくの如きものであろう、と思って書いたものが第3編である。これによって、孝和を巡る学問の真相を明らかにする一助となれば幸である。

(以下省略)

第1編 所伝の検討
第1章 二つの仮説
第2章 吉田光由
第3章 和算の誕生
第4章 吉田光由の墓
第5章 算法統宗の渡来
第6章 塵劫記の円陣
第7章 ほっ、弗、拂について

第2編 数学の問題の検討
第1章 円周率3.2と3.16 
第2章 枡の法 
第3章 演截積 
第4章 田原嘉明の新刊算法起

第3編 関孝和について

ご注文

3,800円+税

書店で購入

カートに入れる

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

同じジャンルの商品

おすすめ書籍

お知らせ

一覧