ドレッサージュの基礎

馬と共に成長したい騎手のためのガイドライン

ドレッサージュの基礎

ドイツ式馬術の中級者向け馬術教則本

著者 クルト・アルブレヒト・フォン・ジーグナー
椎名 穣
ジャンル スポーツ・健康 > 乗馬
出版年月日 2007/04/10
ISBN 9784769910565
判型・ページ数 A5・296ページ
定価 本体4,900円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ・感想

現代競技馬術で圧倒的優位を保つドイツ式馬術の調教法。国内唯一ともいえるドイツ式馬術教本『乗馬教本』は少々概念的にすぎるきらいがあったが,本書は,ドイツ公式教本や『乗馬教本』の補足のためと著者自ら記しているとおり,系統立てて実践的にかかれている。長らく待たれた中級者向けの馬術教則本である。


訳者あとがき

 本書は,クルト・アルブレヒト・フォン・ジーグナー(Kurd Albrecht von Ziegner)大佐の『The Basics: Guideline for Successful Training(基礎事項:調教を成功させるためのガイドライン)』の全訳である. 『The Basics』は,フォン・ジーグナー大佐が初めて英語で著した著書で,アメリカの馬術雑誌Dressage & CT誌に連載した記事を基にXenophon Press社(アメリカの馬術書専門の小出版社)から出版された.その後ドイツに逆輸入され,やはり馬術書専門のCadmos社が,『Elemente der
Ausbildung(調教の基本要素)』としてドイツ語訳を2001年に出版し,さらに翌年,同じ出版社が英語版の『Elements of
Dressage(ドレッサージュの基本要素)』を出版している.
 『The Basics』は,アマゾン・ドット・コムなどの大手インターネット洋書店では扱われていないため,訳者は,アメリカの馬術書専門店Knight Equestrian Booksからオンラインで入手したが,Cadmos社版は,ドイツ語版,英語版ともにアマゾンなどで入手できる.
 Cadmos社版には,『The Basics』にない「移行」,「横運動」,「踏歩変換」という3章が補われているほか,用語の使い方などに若干違いがあるが,これらの章について『Elements of Dressage』を『Elemente der Ausbildung』と対照すると,重要と思われる記述がなかったり,いささか冗長と思われる説明が加えられていたりする箇所が少なくない.そこで,本書は,『The Basics』の改訂第2版を底本とし,補われた3章については,まず『Elements of Dressage』に従って訳した後,『Elemente der Ausbildung』によって訳し直した.これら3章は,他の章が「基礎調教」の考え方の説明に徹しているのに対し,具体的な運動を扱った実践的内容になっており,「基礎調教」の範疇からはやや外れた事項にも言及されているので,本書を通読する際は,むしろこれらの章を飛ばして読んだ方が,フォン・ジーグナー大佐の基礎調教に関する考え方が頭に入りやすいかもしれない.
 訳文中,洋書の書名については,原則として,邦訳が出版されているものは邦題を,それ以外のものは原題を表示し,双方を併記する場合には,前者は『乗馬教本(Reitlehre)』のように邦題を先に,後者は『Das Gymnasium des Pferdes(馬の身体訓練)』のように原題を先に表示した.未邦訳書の邦題は訳者独自のものであり,例えば荒木雄豪編訳『国際馬事辞典』の「馬術家と馬術関係書」などに掲げられた書名とは必ずしも一致しない.
 訳注などでFEI(国際馬術連盟)の馬場馬術競技会規程(以下単に「FEI規程」と表記)を参照する場合は,原則として2006年1月1日施行の第22版の英語版(同年5月10日改訂版)を用いたが,FEIでは,規約第53条により英仏2ヶ国語が等しく公用語とされているので,英語版と同等の効力をもつフランス語版(「フランス語規程」と表記)も適宜参照した.日本語訳(「日本語規程」と表記)も参照したが,本書での訳文は,日本語規程の表現とは必ずしも一致しない.また,合衆国馬術連盟(United States Equestrian Federation.「USEF」と表記)の『USEF Rule Book(USEF規程集)』も適宜参照した.
 ところで,本書には様々な馬術用語が出てくるため,すべてに的確な訳語を当てられたかどうかこころもとない.そこで,合衆国馬場馬術連盟(United States Dressage Federation.「USDF」)が出版している『USDF審査用語集(USDF Glossary of Judging Terms)』(『USDF用語集』と表記)の最新版である1999年10月改訂版を付録として収録した.なお,この用語集の1990年版は,『The Basics』でもしばしば引用されているが,1999年10月改訂版とは表現が必ずしも一致しない(脚注や「馬術用語の訳語について」での引用は,すべて1999年10月改訂版によっている).
 最後に,本書の特徴である「トレーニング・ツリー」についてあらかじめ若干の注釈を付けておく.「トレーニング・ツリー」の基礎は,ドイツ馬術連盟が定め,ドイツの馬術教育の基礎となっている「調教進度基準(die Ausbildungsskala)」にあるが,論者によって順番に違いが見られる.
 まず,本家本元であるドイツ馬術連盟の公式教本では,参考図1のような順番とされ,「一定の歩調(Takt)」,「リラクセーション(Losgelassen-heit)」,「依倚(Anlehnung)」,「弾発力(Schwung)」,「真直性(Geraderichten)」,「収縮(Versammlung)」の6つの段階を貫く目的が「扶助透過性」だとされている.ボルト(Harry Boldt)も,『ボルト氏の馬術』の中で,全く同じ順番で6つの段階を説明している.
 一方,クリムケ(Reiner Klimke)博士は,『Grundausbildung des jungen Reitpferdes(若い乗用馬の基礎調教)』の中で,「依倚」以下は同じ順番としつつ,1番目と2番目とを入れ替えて,最初が「リラクセーション」,次が「一定の歩調」だと述べている.
 これに対して,フォン・ジーグナー大佐は,どちらとも違う独創的でわかりやすい順番を「トレーニング・ツリー」として提唱している.それがどのような順番で,それぞれの項目にどのような意味があるのかについては,「トレーニング・ツリー」の章をお読みいただけば,自ずと明らかになる.
 なお,「調教進度基準」は,英語では,「Pyramid of Training(調教のピラミッド)」のほか,ドイツ語を直訳して「Training
Scale」と呼ばれるが,日本でも「トレーニング・スケール」が定着しつつあるようである.

不変の原理
トレーニング・ツリー
リラクセーション エレメント1
運歩の整正 エレメント2
伸びやかな運歩 エレメント3
コンタクト エレメント4
「手脚の間に置かれた」状態 エレメント5
真直性 エレメント6
バランス エレメント7
柔順性(扶助透過性) エレメント8
推進力 エレメント9
収  縮 エレメント10

図形運動に関する考察
運動課目に関する考察
傾斜のある馬場
移行扶助の微調整(タイミング)
セント・ジェームズ賞典馬場馬術課目
横運動 その時期,方法,目的
踏歩変換

付録:USDF馬場馬術審査用語集
馬術用語の訳語について

ご注文

4,900円+税

書店で購入

カートに入れる

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

同じジャンルの商品

おすすめ書籍

お知らせ

一覧