新刊

宇宙を旅する生命

フレッド・ホイルと歩んだ40年

宇宙を旅する生命

反骨の天文学者フレッド・ホイルとの、生命の起源に迫る共同研究の軌跡をたどる。宇宙生物学の進展に寄与した二人の研究者の物語。

著者 チャンドラ・ウィックラマシンゲ
松井 孝典
所 源亮
ジャンル 天文学
出版年月日 2018/04/25
ISBN 9784769916178
判型・ページ数 A5・290ページ
定価 本体2,500円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ・感想

本書は、20世紀屈指の天文学者フレッド・ホイルともに歩んだ著者の科学に関するユニークな遍歴を綴ったものである。
フレッド・ホイルは、星の内部での元素合成や定常宇宙論の研究で有名だが、晩年は著者と共に宇宙の生命に着目し、生命は彗星に乗って地球に運ばれてきたとする「彗星パンスペルミア説」を提唱している。
アストロバイオロジー(宇宙生物学)の先駆者としてウイルス飛来説やウイルス進化説などの斬新なアイデアを出し続け、それゆえ科学界の異端者として闘った40年に及ぶ二人の共同研究の軌跡をたどる。
プロローグ
第1章 生命の起源:旅への誘い
第2章 ケンブリッジでの出会い
第3章 湖水地方のハイキング
第4章 星々に囲まれて
第5章 炭素塵という発想へ
第6章 理論を打ち立てる
第7章 天文学研究所の開設:実り多き年
第8章 変化の風が吹く
第9章 カーディフでの日々
第10章 宇宙に生命を探す
第11章 彗星が運んだ生命,宇宙から来た病原体
第12章 生命の最初の兆候
第13章 細菌塵の予測は正しかった
第14章 惑星の生命
第15章 進化は宇宙から
第16章 試される理論
第17章 化石をめぐる議論
第18章 ハレー彗星の遺産
第19章 もう一つの宇宙論
第20章 最後の10年間
エピローグ ―2012年から振り返る

ご注文

2,500円+税

書店で購入

カートに入れる

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

同じジャンルの商品

おすすめ書籍

お知らせ

一覧